言語を学ぶ

JavaScriptでつくるポップアップ

JavaScriptでつくるポップアップ

チャプター:4

このブックでは、HTMLとJavaScriptを活用して クリックで開閉するメッセージボックスを作成します。実際に一つのプログラムを作成してゆく中で、HTMLとJSを連携させたプログラミングがどのように行われるかを理解することが可能です。

1.メッセージボックスの基となるHTMLをつくろう

このチャプターでは、メッセージボックスの基となるHTMLの構造を作成します。

27P

2.「変数」を宣言しよう

このチャプターでは、JavaScriptを使用して要素を編集するための準備として、変数の宣言を行います。「変数」とは、ある値やリストを プログラム中の任意の場所で使うことができるよう保存しておくための「箱」のようなもので、この箱を用意することを一般に「変数を宣言する」または「変数を定義する」と呼びます。

25P

3.「ボタンが押された時」の記述できるようにしよう

このチャプターでは、ボタンが押された場合に何らかの処理が行われるようにするためのプログラムの記述を行います。

24P

4.ボタンが押された時の処理を記述しよう

このチャプターでは、前回のチャプターで作成したプログラムの内容を基に「ボタンを押した時」の処理を記述します。

26P